ペイント、その1

      2019/04/18

養生が済んだら、塗ります。
缶入り塗料は↓こうすると注ぎやすい&容器が汚れにくい
{23CD3A94-B4EE-4359-BB64-AEC9C766A16E:01}

{146806B2-687F-4E96-9EBC-B3D2904577AD:01}

子供はスプラトゥーン宜しくローラーで。
{676E4190-5BFB-4068-98FD-40545B2BFE17:01}

『うりゃっ』

{0ED153AC-FAA8-497F-8613-23B4AA311C01:01}

『だー!』

{E8D7F315-A418-4D74-89A1-2A714F362BD1:01}

『そりゃー』

{37DC71C0-F7ED-4D45-8B15-CF3ABC28C2B6:01}

 

『文字も書いてー』
{6D49D605-BAB0-424B-B14F-EE0435C9497C:01}
…と、養生をしっかりやれば塗る作業は難しくない。
広い面をローラーで、角や端は刷毛で塗っていきます。
どちらが先?とか気にせずやりましたよ。
失敗?したら塗りな直せばいいしね!
そして今回は2度塗りするので、多少壁紙の白い部分が見えてても気にしなーい。
1度目終了。
{86F066DF-9059-4228-88C7-21B19FE7A22B:01}
(1度目の塗装終わって乾燥中に“かいけつゾロリ”読み聞かせ)

2度目は斜めに塗ると白い部分がなくなる。

いきなり2回目終了です!
多少まだらに見えるのは、乾燥が完了してないからですね。
{130C76FD-B015-47BC-BEE7-05C02E0A9DE2:01}

後は、マスカーに使い終わった手袋やウエス、トレイを入れてくるくるまとめてゴミ箱へポイッ!

{BC5B1632-8D06-4B44-8DE7-EA97F5D3B315:01}

刷毛の洗い方はコチラで書きました。

after

{A8E93F8A-7808-4793-9306-8CFAA2F1DB5A:01}

(『やっぱり右側も塗った方がいいよね』って事で追加作業しました。)

子供が選んだピンクの壁。
子供が飽きたら…私達の趣味が変わったら…また塗り重ねれば大丈夫。
それでも飽きたら今度は珪藻土ぬって。
そしてまた飽きたら壁紙を張り替えて変る。
DIYの魅力って楽しいとか愛着が湧くとか、お得なだけじゃなくて自分の生活に合わせて自分の手で住まいをどうにでも出来るというのが1番の魅力だと思ってます。

 - DIY

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。