American Garage Life 参加しました②

      2019/04/18

前回の続きです

まずは奥の壁からスタート!

奥の壁はデザインコンクリートでレンガ模様にします。

まずは練るところから。

練った素材を凸凹になっている下地に専用コンクリートを塗る
厚み(今回はレンガ柄なので)は2cm程度。

私達には御馴染みのコテで塗りかさねて、鏝先を差し込んで厚みを確認

全面。

水平器を駆使して、レンガの筋を入れていく
・・・幅=20cm/高さ=水平器と同じ/目地幅1cm程度

全面。

目地部分やレンガ部分を削りだしたり
でっかいブラシで欠けさせたりして、雰囲気を出す。

経年美化、年月がたったような雰囲気を出せるのも
デザインコンクリートのなせる業

どんな形にでも出来ちゃうのが、コンクリートの魅力、byかぼちゃん

下地の白を塗る(専用塗料:スミスカラー

着色(専用塗料:スミスカラー
赤、黄色、茶色の三色を塗り重ねてニュアンスを出していく

塗装は、何度でも修正が出来るから初心者さんにも楽しめる作業ペンキ

『ニュアンスペイントは苦手だ、修行してるみたいだ~』と
連呼していたさりゅさん

目地に色を足したり、”石部分”を表現して仕上げていく

完成!!
フックなどは、コンクリートを突き抜けて下地の合板に
効く長さを使用してます。

DIY女子部のWSでも大好評だったデザインコンクリート

カントリーベーズさんからDIYキットが発売されています。

塗り作業から、模様の削りだし、着色の作業全部が面白いのと
センスに自信が無い私でも“それらしく”見えて大満足だわ

 - イベント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。