UR国立富士見台 DIY ~柱の設置編~

      2019/04/18

9月14日(水)

前半はUR国立富士見台団地の見学です。
(この団地に来るといろんな思いが蘇る…)

DIY女子部として(個人的には)怒涛の日々を送っていた二年前。

その時にmakinさん、いーちゃんと他にもたくさんの皆さんのご協力で担当させてもらったのが今回見学するUR国立富士見台のDIY賃貸のモデルルームです。

また、今回無茶をお願いしてMUJI×UR団地のモデルも見せていただきました。

築40年以上の団地なので

まずは床鳴りがするなど、不安要素のあった床を株式会社ベル興産の鈴木さんに指導してもらいながら根太から施工し(既にDIYじゃない、笑)

大建工業さんのショールームでフローリングをチョイスし

床完了! (友情出演 makinさん)

**

ここからはDIYの参考にどうぞ。

1、柱を設置するDIY。
両端にアジャスター金具を使用し、2×4材を”突っ張り棒”の要領で設置します。

●応用その1
壁面に2×4を並べて・・・

板壁設置

●応用その2
装飾役割の柱を設置して、空間を疑似的に仕切る。

●応用その3
2本設置。
奥行が狭くても・・・

奥行が深くても使える、活用方はきっと無限。

先日のDIYショーでも、このように木材を突っ張っる
商品が紹介されていたようです。

金物使いでDIY、は初心者さんの強い味方です。

練馬KAKURI工房にも、名古屋工房にもいろんな種類の金具があるので
見て触ってみてください♪

八幡ねじの青ちゃんに
金物・ねじWSお願いしなくちゃ~

 - DIY女子部

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。