『音の産直』楽しみ方のご紹介2

      2018/07/10

DIYオーディオ

『よーし…ちょっとチャレンジしてみようかな』と思った貴女♪

ここからは、使ったデジファイと、そのほかに購入するパーツなどをご紹介します。

 

 

作りたい方へPointo紹介!

 

慣れない言葉が出てきますが、電気屋さんに聞けば伝わるはず!

 

スピーカー
Digi Fi №19

●付録内容

  • 8cmスピーカー × 2個
  • 緩衝・気密用スポンジテープ(箱とスピーカーの間に使う)
  • スピーカー用ねじ × 8本(スピーカーに空いている穴に使う)

●自分で準備するもの

  • 銅線 × 2本(スピーカー1個に対して銅線1本必要です。)

 

●組み立て…銅線とスピーカー端子を繋げるだけ

 

黒→幅狭、幅広→赤と書いてますがこれは1つのルールです。
理由などの薀蓄は抜きにして覚えましょう。

 

黒→幅狭(マイナス)

赤→幅広(プラス)

 

※ケーブルは赤黒だけでは、無い↓ ※

その場合は自分でルールを決めましょう。
色は違えど中の銅線はどれも気になる程の違いはないようです。

 

 

この銅線と端子部分をはんだごてで固めるとBEST

その上で、正面から見てそれぞれを右側左側のどちらに置くか決めておく。

 

 

アンプ組み立て:パソコン音源で楽しむ場合

Digi Fi №13

●付録内容

  • アンプとネジ(脚用)

●自分で準備するもの

  • USBケーブル(ABtype)

 

●組み立て

  1. アンプの基盤に付属のねじで脚を付ける
  2. スピーカーとアンプを繋ぐ
  3. アンプ+USBケーブル+PCを繋ぐ
  4. 完了

●繋げる時のポイント

アンプの、銅線を繋ぐすぐ上部に小さく[R+R- L-L+]と記載しています。

スピーカーでのルールを思い出して…

右側(R)と左側(L)に置くスピーカーのそれぞれを差し込みます。

黒→幅狭(マイナス)→”-”

赤→幅広(プラス)→”+”

 

音源=電源はパソコンです。

ただ、そもそもパソコンは事務機器なので音楽鑑賞用のオーディオではないのですΣ(‘◉⌓◉’)
折角音源がデジタルとなり、良い音になってるんだから事務機器であるパソコンスピーカーじゃなく、
オーディオでいい音を楽しみましょう!ってことですね。

 

アンプ組み立て:スマホ(やゲーム機、テレビなどヘッドホン端子のあるもの)で楽しむ場合

Digi Fi №17

 

●付録内容

  • パワーアンプとネジ(脚用)
  • ACアダプター

 

●自分で用意するもの

  • RCA変換ケーブル

 

●組み立て

  1. アンプの基盤に付属のねじで脚を付ける
  2. スピーカーとアンプを繋ぐ
  3. アンプ+ACアダプターを繋いで電源を確保
  4. RCA変換ケーブルとアンプを
  5. RCA変換ケーブルの残りをスマホのイヤホンジャックに差し込む
  6. 完了

 

 

箱を作ろう

最後に箱部分の作成Pointo

  • 堅くても柔らかくても大丈夫
  • 基板は水気によるさびやショートが起こらないように留意する
  • 埃は溜めないように
  • ホチキスの針や銅線などが基盤に触れるとショートするのでないことを確かめる
  • 箱を作る場合は、一つのスピーカーに対して6リットルの空間が出来ると、音が豊かになる
  • スピーカーは前後から音が出ているので、それぞれの音が干渉しないようにすると
    奥行きのある音が楽しめる=箱にするなど
  • スピーカーの穴を空ける場合は直径78㎜がベスト

 

・・・説明がすこぶる難しいぞー!

文章力が足らなくて申し訳ない(*_*;

オーディオ作りたいという貴方の街で、いつかWSが出来ますように!!!

 

ステレオサウンドさんと、秋葉原のマニアック電機屋ツアーや音楽関係のアプリ紹介など、

ハード面だけではなくソフト面からも音楽を楽しむ企画に発展させていく予定です、ご期待ください。

 

 

 

 

 

 - DIY, DIY女子部, 企業さま

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。